腸閉塞を繰り返すわたし 婦人科系の手術の副作用

平成29年10月6日
勤務中にお腹の張りからみぞうちの痛みを経て腹部全体の激痛へ発展。
当日の勤務は自分だけだったので早退できずに終業後、掛かりつけの内科を受診。

レントゲン撮影の結果、上腹部が内容物で詰まって腸閉塞を起こしてるとのこと。

しかし、今回は全体の閉塞でないので絶食と投薬で経過観察となりました。
漢方薬と便を軟らかくする薬を処方されました。

原因は28年前卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)を患い右の卵巣を摘出手術です。
手術により癒着してしまいます。そのせいで長の動きが悪くなってしまったのです。

ストレスが溜まったり、運動不足だったりすると腸閉塞になります。

これまで入院が4回・・・・もう腸閉塞の大ベテランです(笑)

今回はそんなわたしの腸閉塞体験についてお話します。

腸閉塞(イレウス)ってどんな病気?

そもそも腸閉塞とはどんな病気なのでしょうか。

腸閉塞は、腸の中の食べ物や消化液の流れが滞っている状態をいいます。簡単に言うと何らかの原因で腸に便やガスが詰まってしまい、腸がパンパンに膨れてしまいます。その結果、激しい腹痛や嘔吐を引き起こします。治療が遅れれば感染症や腸破裂を引き起こし死に至ることもあります。

腸閉塞の分類とちち

腸閉塞は原因によって分類されます。

機械的腸閉塞

  1. 閉塞性腸閉塞(単純性腸閉塞)腫瘍による閉塞、炎症や瘢痕による狭窄、先天性の奇形、周囲からの圧迫、腸管の捻れ、術後の癒着、異物や食べ物での閉塞、寄生虫による閉塞など腸管が単純につまってしまうもの。
  2. 絞扼性腸閉塞(複雑性腸閉塞)索状物(紐のようなもの)で腸が締めつけられる、腸が捻れて、腸が結ばれるなどで、腸重積、ヘルニア嵌頓など、腸の血流が障害され、腸管が壊死を起こす重篤な状態であることが多い。

機能的閉塞

絞扼性腸閉塞(複雑性腸閉塞)索状物(紐のようなもの)で腸が締めつけられる、腸が捻れて、腸が結ばれるなどで、腸重積、ヘルニア嵌頓など、腸の血流が障害され、腸管が壊死を起こす重篤な状態であることが多い。

  1. 麻痺性腸閉塞腸炎、腹膜炎、薬剤、術後などの影響で、腸管の動きが悪くなるもの。
  2. 痙攣性腸閉塞腸管が一部、痙攣性に収縮して、内容物が流れなくなるもの。

わたしの場合は機械的腸閉塞、機能閉塞1のケースです。

治療について

わたしの場合は入院4回すべて経鼻胃管を挿入し逆流した腸内容を吸引・減圧したり、イレウス管で腸閉塞部を拡張させる保存的治療を行いました。

平成28年の年末に激しい腹痛と嘔吐で衰弱し歩く気力もなくなり、家族に伴われ夜間休日診療所に行きました。

受診後、総合病院を紹介されレントゲン検査にて腸閉塞と診断され、そのまま緊急入院。

2日間経鼻胃管に繋がれ、絶食

鼻からのチューブで腸に詰まった内容物をパックに排出させます。
栄養補給、鎮痛剤、感染予防の点滴だけで3日間。
その後、感染症予防の点滴一種類を継続。
トイレや洗面所に行くにもお供してくれます。

血液検査、2度目のレントゲン撮影の結果が良好だったので、4日目に点滴から開放。
食事開始。

おもゆから始まるのだとばかり思っていたので、今回はおかゆ以外は普通食で少し驚きました。次の日からは普通のご飯になりました。

退院後は、胃腸が弱っている人に対して利用される漢方薬大建中湯(だいけんちゅうとう)が処方されました。

腸閉塞に処方される漢方薬「大建中湯」

お腹が冷えたり腹部膨満感を感じたりするなど、胃腸の働きが弱くなっている人に対して利用される漢方薬です。

大建中湯には、胃腸の機能を回復させる働きがあります。これにより、体の冷えを改善させたりお腹の張りを解消させたりします。下記のような人にも用いられます。

・体力が虚弱(虚証)
・四肢や腹部が冷える
・腹痛がある
・腹部膨満感がある

腸閉塞を予防するには

これまでずっと事務職でしたが、現在の職場は1日8~10時間デスクワークで座ったままです。
これも腸閉塞を引き起こす原因になっています。
腸の働きを妨げます。

では腸閉塞を予防するにはどうしたらよいでしょうか。
再発予防に有効な生活習慣を心がけましょう。

  • 毎日30分程度のウォーキング
  • 腸を刺激するマッサージや体操
  • 消化の悪い食べ物を避けること
  • 食べ過ぎないこと
  • よく噛んで食べること
  • 水分をよく摂ること
  • ストレスをためないこと

わたしも5度目の入院にならないよう以上の項目を心がけたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする