嵐・二宮和之主演「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶」足利市でロケ

映像の町 栃木県足利市で撮影された映画「ラストれエシピ~麒麟の舌の記憶」。
主演に国民的アイドルグループ「嵐」のメンバー二宮和之。『おくりびと』の名匠・滝田洋二郎監督がメガホンをとる「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶」が11月3日(金)公開されます。

まずは映画のご紹介から

ストーリー

1度食べた味を完全再現できる絶対味覚、“麒麟の舌“を持つ主人公が、天皇の料理番・山形直太朗が考案した料理全席の完全再現に挑む様を、2000年代初頭と1930年代のふたつの次代を並行させて描きます。

1930年代、満州に渡った天皇の料理番・山形直太朗は究極の美味112品によるフルコース“大日本帝国食菜全席“を考案。しかしそのレシピは戦争で失われてしまう。消えたレシピの謎を追い、“麒麟の舌“を持つ料理人・佐々木充はメニューの完全再現に挑みます。

キャスト

佐々木 充 / 二宮和之

絶対味覚(麒麟の舌)をもつ料理人。一度食べた味を完全に再現できる。
死ぬ前にもう一度食べたい料理を再現し高額な報酬を得ている。
幼少時に両親を亡くして以来、他人に心を開かない孤高の天才料理人。

柳沢 健 / 綾野 剛

充の唯一無二の理解者。大衆中華料理店の雇われ店長。幼少期に親に棄てられた過去を持ち、充と兄弟のように育ってきた。充の才能を最初に見出す。口は悪いが心優しく状にもろい。
常に充を気にかけている。

楊 晴明 / 笈田 ヨシ

中国料理界の重鎮。どんな料理でも再現できる充に「大日本帝国食彩全席」の復元を依頼する。1930年代満州で山形直太朗の調理助手をしてメニューの作成に協力したが消息を絶った直太朗とともにレシピ集も散逸されたという。

山形直太朗 / 西島 秀俊

麒麟の舌をもつ料理人、元天皇の料理番宮内省に勤務していたが「大日本帝国食彩全席」を作成するため妻・千鶴と共に満州へ渡る。メニュー開発を進めるうちに日本と他国の料理の融合で蔭続巻の相互理解の助けとなり「料理をもって和を成せる」という考えに至る。その理想に人生をささげることとなるが、太平洋戦争開戦直前にレシピ集とともに消息を絶つ。

山形千鶴 / 宮崎あおい

直太朗の妻。直太朗と一緒に満州へと渡る。公私ともに直太朗をサポートする。優しく行動力のある女性。レシピ作成に協力する。メニュー作りに没頭するあまり、周囲から孤立する直太朗を支え続けるが・・・


三宅太臓 / 竹野内 豊

満州国ハルピン関東軍司令部、大日本帝国陸軍大佐(のちに少将)。直太郎を満州国に召喚し、清朝の宮廷料理「満漢全席」を終えるフルコース「大日本帝国食彩全席」の献立作成を命じる。目的遂行の為には手段の是非を問わないという極端な国益重視かつ結果主義。

鎌田 正太郎 / 大西 大悟

直太郎の調理助手として雇われた調理人。直太郎が消息を絶つまえに最後に会っていた人物。
直太郎に師事するうちに彼の料理と理想に感銘を受け、修行に打ち込んで行く。物語の重要な役割を担う。

参考:http://www.last-recipe.jp/index.html

初日舞台あいさつ

11月3日(金)初日舞台挨拶 @TOHOシネマズ上野

時間:
①9:45の回上映終了後 ②9:55の回上映開始前 ③10:​1​0の回上映開始前
④10:25の回上映開始前 ⑤10:40の回上映開始前 ⑥10:55の回上映開始前
⑦11:10の回上映開始前 ⑧13:15の回上映開始前(全席指定席/定員入替制)

※上映回により、キャスト・監督の登壇時間が異なります。
※9:45の回と13:15の回の舞台挨拶の模様は全国の劇場で生中継上映されます。

登壇者: 
二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、西畑大吾、竹野内豊、滝田洋二郎監督

足利市ロケ地 栗田美術館

出典https://www.tochinavi.net/

足利市のホームページでエキストラ募集の告知によると撮影の日程は8月20日(雨天予備18日・19日)とありました。

2017年9月18日主演の二宮和之さん、綾野 剛さん、西島秀俊さんが撮影の為栗田美術館付近で目撃されました。

美術館は三万坪の景勝の地を選び自然を生かし、山野草を中心とした庭の中に本館、歴史館、無名陶工祈念聖堂、陶磁会館が屹立し、また阿蘭陀館、世界陶磁館があります。
とにかく広いのでじっくり回ると半日では足りません。お庭も広くて気持ち良いです。
お天気の良い日にぜひ行きたい美術館です。

田美術館
〒329-4217 栃木県足利市駒場町1542
電話 0284-91-1026  FAX 0284-91-2153
栗田美術館公式Hhttp://www.kurita.or.jp/

第9回 三大陶器まつり
栗田美術館が会場となり陶芸祭りが開催されます。
益子焼、笠間焼、有田焼の陶器が大集合!
会場では即売会や陶芸体験(ろくろ、絵付け)も出来ます。
農産物の直売、ご当地グルメも楽しめます。
日時:2017年11月23日(木)~26日(日)
時間:9:30~16:00
問合せ:足利市商工会議所
TEL:0284-21-1354

映像の町、足利市について

映像の町足利市は東北自動車道・佐野藤岡IC、北関東自動車道・足利ICなど都内からのアクセスの良さと豊かな自然に恵まれ、そして古くから織物の町として栄えてきました。
足利氏ゆかりの鑁阿寺をはじめ多くの由緒のある神社仏閣が数多くあるので映画のロケーションにはもってこいというわけです。

これまでにも数奥の作品の撮影が行われています。

あなたが大好きな俳優さんたちと同じ風景みたくないですか?
映像の町足利のロケ地めぐりにいらっしゃい♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする