福島県 おもてなしの隠れ家「すわ家」再訪!

おもてなしの隠れ家「すわ家」

おもてなしの隠れ家すわ家

出典:http://suwaya.net/

温泉が趣味であちこち旅をしていると色々な宿に泊まります。
今まで宿泊した宿の中でコストパフォーマンスが1番なのが
福島県石川郡の奥たまがわ温泉「おもてなしの隠れ家すわ家」です。

一年ぶりに、すわ家さんを訪れました。
前回は客室は「月読み」に宿泊しましたが、今回は3間続きの「月の瀬」に泊まります。

ラウンジでチェックイン後、客室へ

ウェルカムスイーツと緑茶で一服

紅葉の和菓子が秋を感じさせます。
道中秋桜が咲いていました。
秋ですね。

和モダンな客室

出典:http://suwaya.net/

今回は三間続きの「月の瀬」に泊まりました。
縁側の籐の椅子に座り月見酒したかったのです!
しかし、当日は雨・・・・月見酒は自棄酒(やけざけ)と変わりました。

お部屋が広いのでご家族で宿泊できます。
お祝い事や記念日にご家族でいかがでしょうか。

出典:http://suwaya.net/

和室の向こうはベッドルームになっています。

今流行の和モダンのお部屋です。
調度品もだんな様が選び抜いたものが置かれています。流石京都で修行されていただけあります・・・なんて生意気なことを申しました。

ベッドルームと和室にはテレビがありません。寝ころんでテレビを観られないのは残念でした。

しかし、大勢で泊まると起床時間がまちまちなので一番手前のダイニングにテレビがあるのは心遣いなのでしょう。

お部屋に入ると、まず目に入るのがニッチに置かれた金魚の置物です。
間接照明に生えて空間の雰囲気を引き立てます。

金箔の屏とや蒔絵のついたてには鶴が描かれています。
すわ家さんはちょっとしたギャラリーのようです。
お風呂に行く途中には絵画も飾られています。

すわ家の魅力・・・料理

こちらの御主人は京都の料亭と東京の料亭で修業した腕のいい料理人です。

季節の食材を使い目にも舌にも美味しいお料理を提供してくれます。
夕食の時間は大体2時間。熱い料理は熱いうちにいただけます。

再訪のプランの夕食は基本プラン「野あそび会席」です。

野あそび会席

どのお料理もおいしかったです。流石、すわ家さんです。
※画像をクリックすると簡単なお料理の説明があります。

朝 食

檜の岡持ちのふたをあけると引き出しが3つ
この趣向は始めての体験だったのでとても感激しました。
今回もとても楽しみにしていました。

持ち弁当箱から料理の入った引き出しを並べた状態です。
いわしの煮付け、海老の乗ったサラダ(ゴマ醤油ドレッシング)、マグロ黒豆納豆、
白身魚のそぼろ、もろみ味噌添え、わさび漬け、明太子、香の物、おひたし(ふたつき小鉢)
ヨーグルトブルーベリーソース掛け。

ご飯は福島県産の秋田小町の新米を釜炊き。
味噌汁の具は大き目のしじみ。味噌は赤だしです。
個人的にはご飯はおひつで出してもらったほうが嬉しかったです。

湯豆腐の演出はこれまた素晴らしい!
お豆腐も美味しかったです。
今回も大満足でした!

希少な放射能泉 奥たまかわ温泉・諏訪の湯

すわ家のお風呂は客室専用の貸切風呂となっています。
月の瀬の専用風呂は「石風呂」です。
据付の建具は冨士山のしつらえです。とても風情があります。
窓の外には池があり鯉が泳いでいます。

湯船は広々していて大人5人で入っても余裕があります。
洗い場は3か所あります。

シャンプーやボディウォッシュはブランド品です。
とても良い香りがします。

お湯は熱めです。
温度を下げるには備え付けの蛇口から水を足すか、お湯の量を少なくして調整します。
お湯の出る茸の筒の元にある箱の蓋をあけると蛇口があるので調整可能です。
すっかり止めてしまうと次に入るときに温くなってしまいますのでご注意を。

諏訪の湯について

源泉名: 諏訪の湯
効  能: 痛風 動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病
無色無臭で少しとろみのあるお湯です。入浴後はお肌はしっとりスベスベになります。
放射能泉は子宝の湯と称されています。

すわ家ギャラリー

今回の宿泊料金
基本プラン 1泊2食付き 大人 21,650円・・・入湯税別途150円
あのお料理で、あのお部屋の広さで、専用のお風呂がついてこの価格はコストパフォーマンス良すぎです!

山の中ですが、阿武隈高原道路石川母畑ICから

奥たまかわ温泉 もてなしのかくれ家 すわや
〒963-6301 福島県石川郡玉川村四辻新田津間32
TEL:0247-57-2684
HP http://suwaya.net/

まとめ

今回で2回目の宿泊でしたが、前回同様お食事がとっても美味しかったです。
朝食の岡持ち弁当箱の趣向は体験したことなかったので感激しました。

前回はバタバタと出発してしまったので女将さんとのお喋りはあまりしませんでしたが、今回は石川町の観光スポットを教えてもらったり、ご主人が京都と東京の料亭で修業したことや館内にある調度品はご主人の見立てだったりと色々なお話を伺いました。

ちょうど、宿泊した夜に震度4の地震に遭遇したので東日本大震災の時の話を女将さんとしました。

幸いすわ家さんの立っている地盤はとても固く震災でも被害がなかったそうです。
福島第一原発の事故も放射能の被害もなく非難することなかったそうです。

むしろわたしの住んでいる栃木県の足利市の方が電気は止まる、水道止まる、会社は壁にヒビが入ると散々でした。

プチ情報

すわ家さんの周囲は大変自然の豊かな場所です。
周囲には民家がぽつんぽつんとあります。

一番近いコンビニは6km離れています。もし、入用なものがあったら事前に用意することをおすすめします。

すわ家さんの近所には酒屋さんがありますがこじんまりと営業されていいるようです。
日本酒よりは焼酎の方が多いです。

お部屋には緑茶の用意があります。
朝食後コーヒーのサービスがあります。

私たちは部屋食だったのでチェックアウトの時にいただきました。

お料理や客室、お風呂も最高です。ふんわりした女将さんや優しい旦那さんとの会話も楽しかったです。何度も泊まりたくなるお宿です。

すわ家さんの益々のご発展と皆様のご健康をお祈りいたします。
またお邪魔します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする