日帰り温泉前日光つつじの湯交流館

疲労回復に抜群の日帰り温泉

栃木県鹿沼市の「前日光つつじの湯交流館」に行ってきました。栃木インターから一般道で約50分。蔵のある町並や田園風景を走り抜け道は山道へと進みます。 昨年の12月にはエサを探しにきたさる3頭と出くわしました。ぜんぜん逃げません。悠然とと木に登り枝に残っている柿をもいで食べていました。この先には思い川の渓流沿いを走り小旅気分を味わえます。

どんどん細い山道をのぼるとついに目的の前日光つつじの湯交流館に到着しました。ものすごい山奥に誰が温泉を見つけ掘ったのかと思うほどの場所です。まさに秘湯です。

出典:ギャザリ

つつじの湯 男女別の内ぶろと露天ぶろがあります。 鹿沼の山の景色を眺めながらの入浴はとても開放的でとてもリラックスできます。温度は少し熱めで入浴するとすぐに身体が温まります。アルカリ単純硫黄泉ですが硫黄臭はしません。

【泉 質】 アルカリ単純硫黄泉 水素イオン濃度(PH値)9.7 肌がなめらかになり体が温まる健康に良い温泉です。 浴用の適応症は、次のとおりです。(飲用は不可)

【効 能】 神経痛、病後回復期、筋肉痛、運動麻痺、関節痛、冷え性、五十肩、疲労回復、打ち身、性消化器病、くじき、痔病

入浴した感想は泉質は草津温泉の綿の湯に似ているように感じますが硫黄臭はしません。
仕事柄一日中パソコン操作をしているのでストレートネックのわたしは首までお湯に浸かるとジーンと血行がよくなるのを感じます。どちらも入浴後の肌の滑らかさや湯冷めしにくいです。
疲労回復効果を実感できます。 つつじの湯も負けず劣らずの名湯です。 館内には休憩場が4箇所設けられ湯茶のセルフサービスを受けられます。テレビもあり昨日はプロ野球が開幕となり巨人対中日の試合が放送されていました。

持っていくと便利なもの
シャンプー・リンス、ごろ寝用のタオルケット、大きめのひざ掛けなど。
夏場は特に室内の温度が低めに設定されているので体温調節に重宝します。

もうひとつの目的、鹿沼名物の蕎麦(そば)

お湯のほかにも訪れるもうひとつの理由は食堂で食べられる蕎麦です。 券売機で天ぷら蕎麦ともりそばと小鉢がついたB定食の食券を買いました。食券を渡し、しばし待つこと約10分。蕎麦の登場です。だしの香りが食欲をそそります。何度食べてもおいしいです。山菜と糸こんにゃくの煮つけも絶品です。ポテトサラダも優しいお母さんの味がしました。2時間かけて来た甲斐がありました。

出典:http://www.kanumasoba.com/

鹿沼市は北関東一のそばの郷を目標に「鹿沼そば振興会」をたちあげました。 鹿沼そばがおいしい理由は玄そばという小粒で香りの高い鹿沼在来の品種を標高1526mの高地で栽培しています。朝晩の気温の差が大きい気候がそばの栽培に適しており、また思い川水系の清らかな水が高品質のそばをつくりあげています。          

また鹿沼市は高水準のそばの提供と地産地消の推進のため認定制度を制定し認証店は年に1度定期的に調査を受けます。
厳しい調査をクリアした店だけが振興会への入会を許可されます。 鹿沼そばの特徴は鹿沼産の玄そばを100%使用し、そば粉の含有率を70%以上と定められています(土産用のそばは除く) 鹿沼市の意気込みがうかがえます。

前日光つつじの湯交流館で温泉に入りそばを食べてゆっくり里山の休日を過ごしませんか。
素晴らしい温泉なので宿泊してなんどもお湯に入れたらうれしいです。そのうち宿泊施設もできるといいなと懇願しています。

プチ情報
敷地内には特産物の販売所があります。 野菜や卵、お菓子が売られています。 生そばも不定期に出品されています 

前日光つつじの湯交流館 住所:栃木県鹿沼市入粟野994-2

連絡先:0289-86-1126

営 業:10:00~20:00 年 始:11:00~17:00(入館は16:00まで)

定休日:毎週火曜日(祝祭日の場合は翌日) 年末年始(12月29日から1月1日)

入場料:大人500円 小人(小学生)300円

アクセス 電車:JR鹿沼駅から車で45分

車 :東北道栃木ICから県道32・15・246号経由で40km
※天候(雨量)により通行規制される道路箇所がありますのでご注意ください。

最期までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村